犬を迎える前に

犬の胃捻転だけは避けたい!普段からの注意が予防に繋がるかも!

犬の病気の一つに胃捻転という危険な病気があります。発症から数時間で命を落とす可能性もある非常に怖い病気です!

どのような犬種に起きやすいのか。また、どのような症状が出やすいのか解説していきます。


大型犬は胃捻転が特に多い?


大型犬などの胸腔の深い犬種に多く、ある犬の映画でも取り上げられていました。(ネタバレになるので控えておきます)

  • ゴールデンレトリーバー
  • ラブラドールレトリーバー
  • グレートデーン
  • ワイマラナー
  • セントバーナード

など、やはり大型犬に目立ちます。


犬の胃捻転はどのような原因で発症してしまうのか?


はっきりとした原因は解明されてないそうですが、

  • 食事直後の運動
  • 多めの食事量
  • 早食い、早飲み
  • きめ細かいフード
  • 異物を飲み込んだ
  • 空気が溜まる状態になってしまう

など、やはり食事が関係している可能性は高いです。

急性胃拡張の起こらない状態に気を配らなければなりません。


犬の胃捻転には対策はあるのか?


対策も食事の内容や食べ方に気を配る必要があります。

  • 一度に大量に食べさせない
  • 一気喰いさせない(中に無数に突起のある容器に変える)
  • 食後は少し落ち着かせてから散歩や遊びを行う
  • 粒の大きめのフードに変える

など、食事や食事直後の運動に気を付けましょう。


犬の胃捻転はどのような症状が起こるのか?


やはり、食事が関係して起こりそうな症状がやはり多いです。

  • お腹が膨らむ(副腎皮質機能亢進症などに似ている)
  • 吐き気を訴えるが出ない
  • 落ち着きがない
  • ヨダレが多く出る
  • 呼吸が荒い

などの症状が起こります。

普段の状態を良く観察し、異変にすぐ気付いてあげる必要があります。


まとめ


犬の胃捻転は急死する可能性のある本当に危険な病気です。

特に大型犬を飼っている方は普段の食事に注意を払い、食事直後の運動や遊びは避けましょう。

加齢の子に起きやすいですが、若い成犬にも起こる可能性はあります。

大切な愛犬が元気に長生きできるよう、対策を普段から心掛けていきましょう。

関連記事

人気記事ランキング

人気記事

1

【自己紹介】 私はドッグトレーナー、ペットロスケアアドバイザーなど12個の資格を持っています。 現在はペット先進国のドイツやスウェーデンなどの現状、愛犬と飼い主さんの無料リハビリで経験を積んでいます。 ...

2

小型犬は凶暴で怖いイメージがある方も多いと思います。 以前「チワワが怖い?」の記事でも書きましたが、原因は様々です。 実際にこの記事を読んでいる飼い主さん。 これからチワワを家族に迎えようと考えている ...

3

犬もうつ病になるのでしょうか? もちろん、犬もうつ病になります。 症状も様々ではありますが、うつ病により死亡することもあります。 早めの対策をしなければ毎日ストレスを溜めてしまいます。 犬のうつ病の原 ...

4

犬の幸せって何でしょうか? 現在では愛犬をぬいぐるみのようにカラーしたり、芸を仕込んだり、犬らしさって何だろう?と疑問に思う機会も少なくありません。 食べ物も全て飼い主から貰うことができる。 しかし、 ...

-犬を迎える前に
-, ,

© 2020 犬の幸せ.com Powered by AFFINGER5