愛犬と飼い主さんが互いに幸せで居られるよう、必要な知識をまとめていきます!是非参考にしていただければと思います!

犬の幸せ.com

犬種選び

犬種図鑑は嘘ばかり?飼ったことがない人も書く?

更新日:

始めに、全てのサイトを批判する訳ではありません。

インターネット上には様々な犬種図鑑などが存在します。

しかし、大手企業が犬種紹介をしていたりしますが、果たして必ずしも正しいことが書かれているのでしょうか?

様々なサイトを確認してみましたが、間違ったことが書かれている記事も間違いなく存在します。

一体どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?


私が犬を飼う時に調べたこと!


私が愛犬を家族に迎えた時に住んでいたのは団地でした。

当時は社会性やストレスの影響などの知識もほとんどなく、近隣トラブルを避けるため、吠えづらい犬種に絞ることから始まりました。

何を調べたら良いのかも分からずでした。

本だけでなく、いろいろネットでも調べていましたが、どの犬種も比較的飼いやすい、優しい、賢いなどと書かれていたり、違うのは小型犬か大型犬かなど外見次第な印象を受けるばかりでした。

特に飼いやすいとランキングなどで上位にオススメされていたのは「トイプードル」です。

私も興味があった犬種でしたが、知り合いの飼っていたトイプードルは凄く吠え、咬み付き行動もありました。

【その犬種の性格は本当?】

犬種により性格に大人しい、吠えにくいなどの傾向があるのはたしかです。

しかし、どの犬種においてもその性格の傾向が、

  • どのくらいの頭数
  • 何歳の子を対象
  • 社会性などはどうだったのか

など、他にも気質や個性もあるので、本当に信頼して良いことなのかは判断が難しいところです。

但し、やはり

  • 柴犬などの和犬は特定の飼い主に凄く忠実になりやすい
  • ボストン・テリアやシー・ズーは吠えにくい
  • ミニチュア・ダックスは甘えん坊

など、紹介で書かれている通りの性格の子は多く感じます。

【結論、何が言いたい?】

私が伝えたいことは、必ずしもそうではないこと

柴犬や秋田犬などの和犬は飼い主に忠実としか書かれていなければ、家族の誰にでも忠実になると誤解してしまいます

秋田犬のわさお君も、世話をしていた方が亡くなられてからは、家族の方が変わっても咬まれたり吠えられたり苦労している姿をテレビ番組で見たことがあります。

リーダーと認めた方に忠実ではありますが、社会性が不足したりすれば、他の人には警戒したりすることも珍しくはありません。

その結果、手に負えないと飼育放棄し保健所に連れて行かれ、殺処分という結果に繋がってしまいます。

何事も、まずは疑うことが大切です。


犬の問題行動の原因や対策を知ってもらうことが大切!


今私が当時の気持ちを振り返ると、ネットの犬種紹介は、ほとんどの記事はコピーしたり参考にし合っているため、似た内容が本当に多いです。

しかし、注意点が書かれている記事は信頼できそうだと感じます。

但し、同時に注意点の原因が書かれていなかったり、それらに対する対策を知ってもらえなければ、結果的にその問題行動を起こすことに繋がります

例えば、柴犬や秋田犬を飼うことに決めましたが、社会性の意味も分からず獣医師の指示通りにワクチン3回目が終わり一週間ほど様子を見てから散歩デビュー。

その頃には社会化期もほぼ終わっています

獣医師は犬の行動学などのプロではありません

もちろん勉強されて凄く尊敬のできる方もいらっしゃいますが、ドッグトレーナーから間違ったしつけ方を習い、間違ったやり方を拡散しているのも現実です

注意点を書かれても対策が分からない

熱心な方でなければわざわざ理由を調べには行かず、

  • 飼いやすい
  • 大人しい
  • 吠えにくい
  • 飼い主の忠実

などの言葉だけを信じて犬種を決めてしまうのではないでしょうか?

対策について書かれた内部リンクも貼り付けるなどをすることが大切です。


犬を飼育したことがない人が書いている?


これは、私がサイト作りを始めた頃の話ですが、一緒にやろうと話を頂いた時の話です。

ワードプレスで少し記事を書いたことがあるだけで、独自ドメインが何かもサーバーを借りる必要など全く分からずでした。

全て独学で勉強しましたが、やはり未知の世界なので教えてくれる人がいたらどれだけ心強かったでしょうか。

まさに教えてくれる話でしたが、疑うことを忘れないことにしていたので、結論お断りさせていただきました。

理由の一つに、「私も犬のサイトを持っている」と。

しかし、犬は飼育したことはないと。

犬を飼ったことがない人が、犬の情報を知りたい読者に理想の記事が書けるとは思えない

また、私は

  • 犬の幸せを心から願いたい
  • 家族全員が愛犬と理想の生活を送ってもらいたい
  • 不幸を生み出したくない

などの気持ちから、犬の幸せ.comを立ち上げたかった。

自分の知識を固定させる、思い出すこともできますので、私にとっても大切な参考書にもなってくれるでしょう。

どのような人が犬の記事を書いているか分かりません。

それなら私も猫を飼ったことがありませんが、犬より飼育率も高く、読者も多くなるのでサイトを作ろうと思えば作れます。

他の方が書いた記事を真似れば良いから。

でも、私はしません。

なぜなら、猫の命に関わるかもしれないから


まとめ


今回は犬種の紹介などに対して疑問に感じたことを書きました。

様々なサイトを調べてみましたが、何書いてるんだ?と思う内容の記事もあります。

それが大手の企業のサイト内にもあったりします。

ひどい記事は、犬には何でも食べさせても大丈夫です。と書かれている人もいるくらいです。

根拠があるように書けば、読者は信じてしまいます。

私は獣医じゃないので、犬種がかかりやすい病気についてはまとめることしかできません。

私は犬のことだけでなく知識を増やすために調べる際には、一つの記事だけを信じないことにしています。

同じ疑問に対して、詳しそうな方が書いた記事をいくつか比較して覚えるようにしています。

一つ目で失敗したら、後は失敗のままです。

人気記事ランキング

-犬種選び
-, ,

Copyright© 犬の幸せ.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.