愛犬と飼い主さんが互いに幸せで居られるよう、必要な知識をまとめていきます!是非参考にしていただければと思います!

犬の幸せ.com

殺処分

多頭飼育崩壊の犬猫達はなぜ減らない?知識と責任の無さが理由?

投稿日:

多頭飼育崩壊は「アニマルホーディング」とも言われています。

また、過剰に多頭飼いしている人のことを「アニマルホーダー」とも呼びます。

そして、多頭の犬猫などを飼っている飼い主が、何らかの理由により手に負えなくなったりすることで、飼育崩壊に繋がってしまいます。

では、なぜ多頭飼育崩壊が起きるのか?

また、多頭飼育崩壊の現状などを解説していきます!

多頭飼育崩壊が起きる原因とは?

多頭飼育崩壊の原因は、私達の予想外の原因から多頭飼育崩壊に繋がるケースもあります。

多頭飼育崩壊の原因①ブリーダーの大量繁殖

以前、昔流行った犬種についての記事でも書きましたが、日本は特に流行にのりやすい傾向があります。

そのため、チワワブームならペットショップにはチワワは必ず揃います

これまでにも日本スピッツやハスキー、シェパードなど様々な犬種がブームのせいで大量に繁殖させられ不幸な目にあってしまった犬達は少なくありません!

ブリーダーの中でも犬の健康面などをしっかり考え、環境や食事などにも気を付ける方もいますが、「悪徳ブリーダー」はとにかく商売のため!

金のために大量に繁殖させることだけが目標!

そのため、

  • 飼育環境は最悪
  • 食事は期限切れや食べ残しの使い回し
  • 親犬の散歩は一切行かない
  • 糞はそのままケージ内に放置
  • 病気でも金がかかるため放置

など、犬を命ではなく物としか見ていません

そのブリーダーの職務放棄や不幸などがあれば、その犬達は救いの手が差し出されるまで誰からも世話をされずに餓死したりしてしまいます。

実際に起き続けている現状です。

多頭飼育崩壊の原因②アニマルホーダー(過剰多頭飼育者)!

こちらもかなり多頭飼育崩壊には事例が多いです。

中には収集癖から多頭飼育に繋がっている方もいます。

アニマルホーダーの言い訳に多いのは、

  • 「気付いたらこんなに増えていた!」
  • 「10、20頭も変わらない」
  • 「不妊手術させるお金がない」

などです。

いろいろな情報を調べていても、最初はオスとメスの2頭だったなど、犬猫含め近親交配を繰り返されて増えてしまったケースは本当に多いです!

多頭飼育崩壊の原因③ボランティア!

ボランティアが多頭飼育崩壊するのは意外だと思います。

しかし、保護ボランティアの方の中には預かり専門で協力しているボランティアの方もいたりします。

保健所などから保護された犬を引き取ったり、近所の人が評判を聞き付けボランティアさんの家に放置していったりすることで、気付いたら過剰飼育に繋がってしまう。

その状態の上でボランティアさんに不幸があったり、経済的な問題などで飼育が継続できなくなって崩壊してしまうケースもあります。

多頭飼育崩壊の犬猫達がなかなか減らない理由!

アニマルホーダーの多頭飼育崩壊が起きる理由は、不妊手術をしない上にオスとメスで飼育することから始まります。

責任感と知識不足です。

本当に犬や猫のことを想っていれば、以前本当に不妊手術は必要なのか?について書いた記事でも解説したように、デメリットが上回るのなら必要はないと思います。

しかし、現在の日本では殺処分も多く、不妊手術をしなければ不幸な命が増えてしまうことに繋がってしまいます。

一番避けたいことは、殺処分です。

多頭飼育崩壊のせいで幸せになる資格のあった犬猫達は、これまでにも多すぎる程の命が二酸化炭素で窒息死などをさせられてきました。

ブリーダーの多頭飼育崩壊も、ペットショップでの生体販売が無くならず、悪徳ブリーダーが居なくならない限りはゼロにすることは難しいでしょう!

多頭飼育崩壊(犬猫)の事例!

多頭飼育崩壊の事例をいくつか紹介していきます。

多頭飼育崩壊 事例①犬を愛しているけど手に負えなくなった女性!

60代の一人暮らしの女性の家には約60頭程の犬がおり、元々は怪我をした犬などを保護したのが始まりだったようです。

4年前に保健所が約50頭を引き取り殺処分された上で、また増えてしまったそうです。

不妊手術代が高いからやらなかった

そこを疎かにしたことで招いた結果です。

彼女の選択は、

  • 犬と共に家を出る(不妊手術なども実施せていく)
  • 犬を全頭、殺処分する

だったそうですが、私の意見は

犬と共に近隣の方に迷惑がかからない場所に移ったから不妊手術するとは思えないです。

今できてないのだから。

約50頭も殺処分に繋げてしまった本人が、更にまた増やし、これからやります!は通用しない。

犬を家族に迎えるのは控えるべきだと思います。

アニマルホーダーに多いのは、同じことを繰り返すことです。

多頭飼育崩壊 事例②犬達の飼い主が別の場所で暮らしており、死亡?

多頭飼育崩壊は、その場に必ず飼い主がいるとは限りません。

この事例では、近隣からも苦情があったり、行政からも指導が入っているにも関わらず従わなかったという。

そのため、飼い主になる資格がないまま犬達を劣悪な環境で十分なご飯も散歩も与えない。

そして、犬達を置き去りにしたまま飼い主はその場を離れたそうです。(飼育放棄)

犬達の生活環境は、

  • 窓に板を打ち付け常に真っ暗
  • ご飯も水もない
  • 糞尿もそのまま
  • 近隣交配で新たに子犬も産まれる

しかも、飼い主の別の家で木の箱に閉じ込められ身動きが取れない状態の犬が発見されたそうです。

虐待するためだけに家族に迎えるなら、犬達に一切関わって欲しくないです。

犬を家族に迎えるって簡単なことではありません。

私は一つの夢が叶うことだと思っています

ボランティアさんがここまで悲惨な現場は初めてと言うレベルだったそうです。

もちろん、生き残った犬もいましたが、死んでしまった犬、瀕死の犬も。

犬にも痛い、辛い、怖いなどを感じる感情があります。毎日どれほどの恐怖と不安などを感じていたか。

多頭飼育崩壊 事例③犬屋敷の男の呆れた言い訳とは?

化製場等に関する法律違反である男性が逮捕された事件です。

近所で犬屋敷と呼ばれる程の家で、紀州犬など13頭を許可なしに飼ったことで逮捕されました。

逮捕された理由は、指定された区域内で一定数以上飼育する時に、自治体に申請し許可を貰わなければいけません。

この男性の住んでいた地域は、犬は10頭までのようです。

アニマルホーダーの特徴の一つに「劣悪な環境」という共通点がありますが、この犬屋敷もかなり悪臭などもひどかったそうです。

ご飯に与えたイノシシなどの臭いもひどかったと。

逮捕された7年前にも取材されており、当時の映像も環境はひどく、25頭いるにも関わらず9頭だと。

言い訳に呆れますね。

脱走し幼稚園内に入り込んだり、女性が咬まれたりしたこともあったそうです。

これも責任感と知識の無さの典型的な例ですね。間違った愛情、感覚の麻痺。

それ以前に自分勝手な人間の典型的な例なのかもしれません。

多頭飼育崩壊で生まれた犬猫達は近親交配が多い!

アニマルホーダーの事例で解説したように、最初は2頭だけだったということは、子供達の交配から増え続けたことになります。

これが近親交配です。

近親交配は遺伝性疾患の可能性も高まるため、不健康で生涯辛い思いをして過ごす命を増やしてしまいます。

近親交配について書いた記事を良かったらご覧下さい。

多頭飼育は近隣トラブルの原因にも!

犬の鳴き声は一頭でもかなり大きいです。

散歩不足や社会性不足などがあれば尚更です。

苦情を出す側も必ずしも犬が嫌いという訳ではありませんが、寝不足になったり、生活に支障が出るレベルの吠え癖なら苦情も出したくなる方は少なくありません。

また、多頭飼育の現場は糞もそのままであったり劣悪な環境のため悪臭も凄いです。

多頭飼育に限らず、一頭でも2頭でも飼育環境は衛生的にも注意し、無駄吠えなどをする原因から取り除いてあげなければ、愛犬達は毎日ストレスを抱えて過ごすことになってしまいます

犬猫の飼育頭数には都道府県ごとに決まりがある?

化製場等に関する法律にも、
第九条に「都道府県の条例で定める基準に従い都道府県知事が指定する区域内において、政令で定める種類の動物を、その飼養又は収容のための施設で、当該動物の種類ごとに都道府県の条例で定める数以上に飼養し、又は収容しようとする者は、当該動物の種類ごとに、その施設の所在地の都道府県知事の許可を受けなければならない。

と記載されています。

埼玉県、山梨県、滋賀県などでも犬猫合わせて10頭以上飼育する場合には届け出をしなければいけません。

猫は繁殖力が高い?

今回は猫の繁殖力の高さを少しお話しします。

猫は生後4~12ヶ月で子供を産めるようになると言われており、年に2~4回の出産、しかも一度に4~8頭程も。

これを一年繰り返すとあっという間に50頭にも60頭にもなってしまいます。

猫は異期複妊娠する?

猫は妊娠している状態でも、さらに新しく子猫を妊娠できます。

これを異期複妊娠と呼ぶそうですが、これは好ましい妊娠ではないと言われています。

なぜなら、最初の妊娠での陣痛で後から妊娠した成長しきっていない未熟児の子猫も産まれてしまうことがあるそうです。

多頭飼育、災害が起きたらどうするのか?

東日本大震災の際には、犬猫含めかなりの数の飼われていた動物達が被害に遭いました。

餓死した子達もかなりいました。

多頭飼育している状況で災害が起きたらどうするつもりなのでしょうか?

一頭ずつクレートに入れて運んでいる時間なんてありません。

後先考えずに気付いたら増えてしまった。

もし災害が起きたら、

「やむを得ず置いていくしかなかった。」

きっとこう答えるでしょう。

同行避難と同伴避難は違う?

災害が起きてしまった時、避難所に愛犬達と避難するとしても、多くの場所では「同行避難」です。

同行避難は一緒に避難はできるけど、避難所に着いてからは別ということです。

もし明日災害が起きても、避難した後に愛犬達と一緒に避難場所に居られるとは限りません。

やはり水も食料も不足している上に、アレルギーの方や躾のできていない犬だとスペースを共有することも難しくなってしまいます。

まとめ

多頭飼育崩壊の原因は、ブリーダーやアニマルホーダー、ボランティアなどの過剰飼育が元に起きてしまいます。

特にアニマルホーダーの方は最初はオスとメスで飼っていたのに、気付いたら増えてしまったなどと言い訳をします。

そのせいで二酸化炭素による窒息死などで殺処分された命は少なくありません。

また、飼い主が飼育放棄して餓死してしまう犬猫達もいます。

悪徳ブリーダーは近親交配を繰り返し、病気になっても放置。

経営が上手くいかなくなれば飼育放棄。

もちろんその残された子達は救いの手が遅ければ餓死してしまいます。

犬猫達には命があること。

痛い、辛い、怖いなどを感じる感情があるということ

いい加減、私達は犬猫達を物として見ることを止めなければいけません

犬猫達にも幸せになる権利があります

人気記事ランキング

-殺処分

Copyright© 犬の幸せ.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.